TOP > フラーレンについて

フラーレンについて

世界中でもっとも注目されている『フラーレン』
老化の原因、活性酸素を消去・吸収して無害化

 フラーレンは、抗酸化力においてはその威力は測りしれず、さらにこれまで透明感美肌ケアの代表選手だったハイドロキノンを超える美肌力を持ち、皮膚科のドクターも認める実力成分であり、エイジングケアの注目の新戦士です。
  皮膚組織では紫外線・タバコの煙・排気ガス・ストレスなどにより活性酸素が多量に発生します。発生すると皮膚組織を攻撃して、日焼けや老化の直接原因になります。フラーレンはこの皮膚で発生する活性酸素を抑制すると共に、発生した活性酸素を瞬時に吸着して無害化する作用があります。
つまり、お肌を常に健康な状態にするお手伝いをします。とくに日焼けによるシミおよびソバカス、皮膚の乾燥に対してフラーレンは独自の効果を発揮します。
 

ノーベル賞受賞成分

 フラーレンは星間物質(宇宙空間に存在する微量物質)の研究から偶然発見された物質で、あたかもサッカーボールのような美しい構造をした炭素原子が60もしくは70の多面を有する巨大炭素分子です。分子が球形なのでくるくる回転しながら活性酸素と高頻度に接着できる。このため、ビタミンCなどと比べても格段に優れた抗酸化力を発揮します。
1985年に発見され、その構造を推定したライス大学(アメリカ)のカール博士、スモーリー博士とサセックス大学(イギリス)のクロトー博士は1996年にその功績でノーベル賞を受賞しました。
世界で最も権威のある学術誌の一つである「サイエンス」に1991年に発表された論文はライフサイエンスの研究者に衝撃を与え、フラーレンがあたかもスポンジのように生体に有害であるRadical(ラジカル、活性酸素を含む活性分子種)を分子レベルで消去吸収して無害化するという内容のものでした。
 

ラジカルスポンジ(R.S.)のマークは規定値以上のフラーレンを含む証
  • R.S.マーク

    ラジカルスポンジはビタミンC60バイオリサーチ社の登録商標。それを示す左のマークは、フラーレンがきちんと効果を発揮できるとされる規定の配合量をクリアした製品のみに表示許可が与えられています。

フラーレンの効果

抗酸化作用(ビタミンCの125倍)
細胞に紫外線を照射した結果の写真です。赤や黄色の部分が多いほど細胞内に活性酸素が多く発生したことを表しています。フラーレンを加えた下の写真では活性酸素が消去されているのが一目瞭然です。

  • R.S.無し

    ラジカルの発生量が多いほど暖色系に。左写真のようにフラーレンを含まない細胞は黄色や赤色が目立ちます。

  • R.S.有り

    規定濃度のフラーレンを含む細胞は全体的に寒色系。ラジカルに対して効果的に働いたことが分かります。

メラニン生成抑制作用(ビタミンCの172倍)
フラーレンを加えなかった左写真では大量のメラニンが産生されて黒くなっていますが、フラーレンが添加された下の写真では明らかに色が薄くメラニンが少ないことを意味しています。
従来の美白剤はメラニン色素が作られる途中の過程を阻害するものが多いが水溶性フラーレンの場合は活性酸素の発生という大もとの原因を抑えることで、結果としてメラニン産生も抑制する、いわば根本療法としての安全な美白が可能です。

  • R.S.無し

    細胞がメラニンを産出した状態。フラーレンを含まないと、大量のメラニンが産出されて黒くなっています。

  • R.S.有り

    規定濃度のフラーレンを含んだ細胞はメラニンの産出が抑えられ、上の細胞と比較しても明らかに色が薄い。

アンチエイジング(細胞壊死防御)
ビタミンCを添加した右側の細胞は中身が溶け出して死んでしまったが、水溶性フラーレンを添加した左側はふっくらとした形を保ち細胞が生きています。細胞を壊死から守る効果は、フラーレンの方が高いことを表しています。

皮膚細胞に発生したRadicalに対する細胞死防御効果